ブログトップ

サムレス投法でボウリング(byウエポン)

wmb2yoshi.exblog.jp

CLUB-B1 No.722:日々のボウリングの感想(+α)を書いています。ボール随時受付中です。

サムレス投法していて思うこと。

  いつもブログを見て頂きありがとうございます。

  COVERさんがサムレス投法で練習をなさって
 ということで・・・・微力ながら今思うことを書きます。

  1、狙ったラインに確実に落とす。
    →ひゃー、これはいきなり難しいですねー。
    自分も狙ったラインに落とせないことが多い
    です。練習では5枚目、10枚目、15枚目の
    真っ直ぐを5投球ずつというのをやっていますが
    成功するのは5投球で2,3投くらいですね。
    最終的に3枚ずつ(3,6,9,12,15)で100%
    成功を目標としています。いつできるのやら・・・

  2、タイミングでスピードアップ
    →これも難しいですが、スイングするイメージを
    ゆっくり持つか速く持つかで2,3kmは変わります。
    後は立ち位置で歩幅を調整して投げると1,2kmは
    スピード調整ができますね。

  3、低い位置からリリース
    →自分の一番不得意な所です。低い位置から
    リリースできると言うことは安定したフォームを
    作れているという事ですね。自分はまだ少し高い
    位置からリリースしているのでレーンとの接触時に
    「ガンッ」ていう音がします。音のないリリースが
    理想形です。

  4、いろんな所からポケットコントロールする。
    →これも難題ですね。フッキングポイントを見つけて
    ディープアウトサイド、アウトサイド、インサイド
    ディープインサイドの4つのコースでポケットに
    持って行く練習ですね。サムレスならインサイドは
    比較的できるのですが、アウトサイドは難しいです。
    回転がついているのでどうしてもブルックリン方向に
    行ってしまいます。縦回転か横回転で全然違った
    所に行ってしまいます。

  5、レーンコンディションを把握する。
    →ハウスボールでは困難ですね。ただしオイルの
    質、量はある程度把握できます。サムレスでは
    ボールに回転がしっかりつくのでオイルもたくさん
    つくはず。板目真っ直ぐで投げられるようになれば
    フッキングポイントも判明するはず。しかしそのまま
    転がってしまう事が多いです。ハウスボールおそるべし。

  6、サムレスでアベ180
    →これも難しいですね。恐らく今ハウスボールで
    投球したら150出せるかどうかくらいです。自分は
    スペアボールで最高220を出したのを覚えていますが
    ポケットに入っても10ピンタップが多いです。スコア
    打ち上げるのは難しいです。

  なるほど、集約すると①決まった投球フォームを続けて
  投げられるようになる。②レーンコンディションを素早く
  読みレーンに合った投球ラインで投げられるようになる。
  ③我慢のボウリングが出来るようになる。・・・でしょうか。

  凄い高いレベルを目指して頑張っておられるようです。
  本当に尊敬します。ガンバレーーCOVERさん。
  
[PR]
by wmb2yoshiyoshi | 2006-02-27 20:03 | ボウリング

by wmb2yoshiyoshi