ブログトップ

サムレス投法でボウリング(byウエポン)

wmb2yoshi.exblog.jp

CLUB-B1 No.722:日々のボウリングの感想(+α)を書いています。ボール随時受付中です。

スカッチダブルス戦(8月31日)

  ご無沙汰しております。ウエポンです。


  31日(水)に行われました「スカッチダブルス」に参加です。

 今回は初めてダブルス戦に参加されるEさんとご一緒させて

 頂く事になりました。色々とご迷惑お掛けしますがお願いします。


  「31日(水)の結果」

 大会名:スカッチ・ダブルス(年齢ハンデ戦)
 場所:エミナースボウル
 大会参加費用:2000円
 使用ボール:920T、100P
 投球レーン:5、6番レーン
 ウエポンのハンデ:6、Eさんのハンデ:14、チームハンデ:10


  「大会ルール」

 Ⅰ:1ゲーム目は通常ゲームでの投球を行う。(個人ハンデをプラス)

 1ゲーム目はAさんとBさんのスコアを合計する。救済措置あり。

 *救済措置は1ゲーム目の9フレ終了時に、事前に用意されたクジを引き、
  ランダムで書かれた2つのフレームのスコアをストライクにできるというもの。

 例)「3フレーム目と7フレーム目をストライクに」なら、
  オープンフレームだったとしてもストライクに変更できる。
  もともとストライクの場合はそのまま変更なし。

 Ⅱ:2ゲーム目と3ゲーム目はチーム戦を行う。(チームハンデをプラス)

 1投目をAさんが投球してストライクが来た時、次の1投目は相方のBさんが投球する。
 ストライクが来なければ、Bさんが2投目を投げて、次の1投目はまたAさんが投球する。
 それを2ゲーム分行い、2ゲームのスコアを合計する。

 Ⅲ:4ゲーム目と5ゲーム目もチーム戦を行う。(チームハンデをプラス)

 今度は1フレごとに交代して投球する。Aさんが奇数投球ならBさんは偶数投球に。
 同じくこれも2ゲーム分行い、2ゲームのスコアを合計する。

 Ⅳ:6ゲーム目は再び通常ゲームでの投球を行う。(個人ハンデをプラス)

 6ゲーム目は再び通常ゲームを行ってAさんとBさんのスコアを合計する。(2ゲーム分)

 ◎Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳの総合計8ゲーム分をチームの総スコアとする。


  「ウエポンチームの結果」

 Ⅰ:1ゲーム目のEさんのスコア・195 1ゲーム目のウエポンのスコア・200

 Ⅱ:2ゲーム目・218 3ゲーム目・213

 Ⅲ:4ゲーム目・202 5ゲーム目・233

 Ⅳ:6ゲーム目のSさんのスコア・235 6ゲーム目のウエポンのスコア・199

 ◎ウエポンチームの総スコア・1695 アベレージ・211,8

 ・順位:参加12組中3位

 ・獲得賞品:2Lペットボトル6本


  「感想など」

 ・レーンは5番は少しキャリーダウンが発生している
 コンディションで、6番はかなり遅いコンディションでした。

 ・相方のEさんは非常に安定したボウリングで、チーム戦でも
 個人戦でも安定していました。ウエポンもいつもなら大崩れする
 場面があるのですが、何とか踏ん張る事が出来ました。一安心。

 ・スプリットは仕方ないですが、確実に取れるスペアは
 絶対に取っていく事が非常に重要だと感じた一日でした。
[PR]
by wmb2yoshiyoshi | 2011-09-01 21:48 | ボウリング

by wmb2yoshiyoshi