ブログトップ

サムレス投法でボウリング(byウエポン)

wmb2yoshi.exblog.jp

CLUB-B1 No.722:日々のボウリングの感想(+α)を書いています。ボール随時受付中です。

ウレタンボールを投げて頂く。

  ご無沙汰しております。ウエポンです。



  18日(月)に大津ボウルに行きました。目的は

 先日ドリルしてもらいましたウレタンボール「ナチュラル」を

 ジェイさんに投げて体感して頂く事でございます。



  朝の大会終了後で、お疲れの所をありがとうございました。

 ジェイさんはこの大会で非常に良い成績でした。さすがです。

 オイルがしっかり残っているレーンでしたが、とりあえず1ゲーム

 ウエポンと一緒に投球して、あれこれ議論させて頂きました。

 ジェイさんにはウレタンボールがしっくり合う印象でした。



  「ウレタンボールはどうなの??」

 ・ジェイさんのように、「300C」でもしっかり曲がる実力の
 ボウラーさんにとって、ウレタンボールはラインナップの1つに
 なります。ただしスペアボールの少し上の位置付けです。

 ・ドライゾーンで大きく動かないウレタンボールは曲がりが
 非常に読みやすいので、スプリット率を抑える事が可能。
 しっかりとレーンコンディションを読みながらの入れ替えが
 とても重要です。普通ならリアクティブボールで十分なので。

 ・曲がりが読みやすいが、少しピン飛びが弱く感じる場面も
 チラホラあるので、爆発力には乏しい。手堅くスコアメイク
 するのには心強い存在になりそう。

 ・最新のリアクティブボールではないので、オイルを吸収
 しにくいカバーストックですね。こまめにボール表面のオイルを
 拭いてメンテナンスに気を付ける事が必須になりそうです。
[PR]
by wmb2yoshiyoshi | 2011-07-19 21:57 | ボウリング

by wmb2yoshiyoshi