ブログトップ

サムレス投法でボウリング(byウエポン)

wmb2yoshi.exblog.jp

CLUB-B1 No.722:日々のボウリングの感想(+α)を書いています。ボール随時受付中です。

曲げる??曲げない??

  ご無沙汰しております。ウエポンです。


  ウエポンが気になっていた記事がありまして、ボウリングマガジン7月号に記載されています

  「PBAスタイルの解析と日米ボウリングの比較考察論(有元勝氏執筆)」にて、今回は

  「リリースの万能性」について詳しく書かれていました。ウエポンがだらだら書くのも

  どうなんだろうと感じるのですが、サムレス投球を実践している身としては「リリース」は

  非常に気になる部分です。アクシスローテーション(略してAR)を加える方法が

  書かれています。大きく分けて「リフト&ターン」と「アンロード」の2種類という感じです。

  (詳しくはボウリングマガジン7月号を読んでください。すいませんです。)


  で、ウエポンはサムレスなので、手首を柔らかく使用する「アンロード」という事に

  なりそうです・・・が、イメージとしては「ターン」もしているような気がします。気持ち

  「ターン」しているけれども「アンロード」の動きに吸収されている感じでしょうか・・・

  ウエポンのひ弱な脳みそでは説明がヘタ過ぎで申し訳ないです。

  とりあえず投げてみましょうという事で練習投球してみました。使用ボールは「アナーキー」です。








  24日(金)の大会終了後に撮影したものです。

  上の動画はインサイドからの投球で、コック(手首折れ)が強いイメージ。

  下の動画は少し板目を絞った投球で、コック(手首折れ)が弱いイメージ。

  ウエポンの場合は大きく分けてこの2種類ですが、普段は上の動画の

  曲げるイメージがデフォルトです。下の動画は意識して真っ直ぐにボールを送り出します。

  と言っても、もっとアウトサイドから投げないとダメですよ。と突っ込まれました。


  「アンロード」を「ローダウン」では親指入れて行うんですよねぇ・・・。それだけでもスゴイです。

  永野すばるプロの投球動画では低・中・高の3種類をいとも簡単に投げ分けていますね。

  ステキすぎます。プロですなぁ・・・としみじみ感じるウエポンです。
[PR]
by wmb2yoshiyoshi | 2011-06-25 02:16 | ボウリング

by wmb2yoshiyoshi