ブログトップ

サムレス投法でボウリング(byウエポン)

wmb2yoshi.exblog.jp

CLUB-B1 No.722:日々のボウリングの感想(+α)を書いています。ボール随時受付中です。

スカッチダブルス戦(4月28日)

  ご無沙汰しております。ウエポンです。


  28日(木)に開催される「スカッチダブルス」に参加しました。

 今回は「クラブチェンジ」でお世話になっていますレフティのHさんと

 一緒に投球させて頂く事ができました。どうなることやら・・・


  「28日(木)の結果」

 大会名:スカッチ・ダブルス(年齢ハンデ戦)
 場所:エミナースボウル
 大会参加費用:2000円
 使用ボール:C・(System)2.5、アナーキー、ブラックウィドウクリア
 投球レーン:9、10番レーン
 ウエポンのハンデ:0、Hさんのハンデ:5、チームハンデ:2


  「大会ルール」

 Ⅰ:1ゲーム目は通常ゲームでの投球を行う。(個人ハンデをプラス)

 1ゲーム目はAさんとBさんのスコアを合計する。救済措置あり。

 *救済措置は1ゲーム目の9フレ終了時に、事前に用意されたクジを引き、
  ランダムで書かれた2つのフレームのスコアをストライクにできるというもの。

 例)「3フレーム目と7フレーム目をストライクに」なら、
  オープンフレームだったとしてもストライクに変更できる。
  もともとストライクの場合はそのまま変更なし。

 Ⅱ:2ゲーム目と3ゲーム目はチーム戦を行う。(チームハンデをプラス)

 1投目をAさんが投球してストライクが来た時、次の1投目は相方のBさんが投球する。
 ストライクが来なければ、Bさんが2投目を投げて、次の1投目はまたAさんが投球する。
 それを2ゲーム分行い、2ゲームのスコアを合計する。

 Ⅲ:4ゲーム目と5ゲーム目もチーム戦を行う。(チームハンデをプラス)

 今度は1フレごとに交代して投球する。Aさんが奇数投球ならBさんは偶数投球に。
 同じくこれも2ゲーム分行い、2ゲームのスコアを合計する。

 Ⅳ:6ゲーム目は再び通常ゲームでの投球を行う。(個人ハンデをプラス)

 6ゲーム目は再び通常ゲームを行ってAさんとBさんのスコアを合計する。(2ゲーム分)

 ◎Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳの総合計8ゲーム分をチームの総スコアとする。


  「ウエポンチームの結果」

 Ⅰ:1ゲーム目のHさんのスコア・161 1ゲーム目のウエポンのスコア・205

 Ⅱ:2ゲーム目・157 3ゲーム目・199

 Ⅲ:4ゲーム目・180 5ゲーム目・216

 Ⅳ:6ゲーム目のSさんのスコア・199 6ゲーム目のウエポンのスコア・164

 ◎ウエポンチームの総スコア・1489 アベレージ・183,6


  「感想など」

 ・レーンは手前のオイルが削られていて、キャリーダウンを感じる
 コンディションでした。非常に投げにくい印象があって、厳しかったです。
 相方のHさんも苦戦されており、いつもなら考えられないような
 スペアミスをしてしまったりと、難しい印象しかないレーンでした。

 ・やる事がすべて裏目に出たボウリングでした。こういう時は
 サッと考えを入れ換えて、次を目指していきたいと思います。
 しかしながら、イージースペアミスは反省しないとイカンです。猛省。
[PR]
by wmb2yoshiyoshi | 2011-04-29 23:31 | ボウリング

by wmb2yoshiyoshi