ブログトップ

サムレス投法でボウリング(byウエポン)

wmb2yoshi.exblog.jp

CLUB-B1 No.722:日々のボウリングの感想(+α)を書いています。ボール随時受付中です。

スカッチダブルス戦(4月13日)

  ご無沙汰しております。ウエポンです。


  水曜日に開催される「スカッチダブルス」に参加しました。

 今回は、スタッフチャレンジでお世話になっていますSさんと

 一緒に投球できる事になりました。心強いです。




  「13日(水)の結果」

 大会名:スカッチ・ダブルス(年齢ハンデ戦)
 場所:エミナースボウル
 大会参加費用:2000円
 使用ボール:C・(System)2.5、レーンキャッチャーV、ブラックウィドウクリア
 投球レーン:7、8番レーン
 ウエポンのハンデ:0、Sさんのハンデ:0、チームハンデ:0


  「大会ルール」

 Ⅰ:1ゲーム目は通常ゲームでの投球を行う。(個人ハンデをプラス)

 1ゲーム目はAさんとBさんのスコアを合計する。救済措置あり。(2ゲーム分)

 *救済措置は1ゲーム目の9フレ終了時に、事前に用意されたクジを引き、
  ランダムで書かれた2つのフレームのスコアをストライクにできるというもの。

 例)「3フレーム目と7フレーム目をストライクに」なら、
  オープンフレームだったとしてもストライクに変更できる。
  もともとストライクの場合はそのまま変更なし。

 Ⅱ:2ゲーム目と3ゲーム目はチーム戦を行う。(チームハンデをプラス)

 1投目をAさんが投球してストライクが来た時、次の1投目は相方のBさんが投球する。
 ストライクが来なければ、Bさんが2投目を投げて、次の1投目はまたAさんが投球する。
 それを2ゲーム分行い、2ゲームのスコアを合計する。

 Ⅲ:4ゲーム目と5ゲーム目もチーム戦を行う。(チームハンデをプラス)

 今度は1フレごとに交代して投球する。Aさんが奇数投球ならBさんは偶数投球に。
 同じくこれも2ゲーム分行い、2ゲームのスコアを合計する。

 Ⅳ:6ゲーム目は再び通常ゲームでの投球を行う。(個人ハンデをプラス)

 6ゲーム目は再び通常ゲームを行ってAさんとBさんのスコアを合計する。(2ゲーム分)

 ◎Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳの総合計8ゲーム分をチームの総スコアとする。


  「ウエポンチームの結果」

 Ⅰ:1ゲーム目のSさんのスコア・238 1ゲーム目のウエポンのスコア・226

 Ⅱ:2ゲーム目・205 3ゲーム目・196

 Ⅲ:4ゲーム目・179 5ゲーム目・256

 Ⅳ:6ゲーム目のSさんのスコア・189 6ゲーム目のウエポンのスコア・173

 ◎ウエポンチームの総スコア・1662 アベレージ・207,7

 ◎順位⇒参加12チーム中3位

 ◎獲得賞品⇒2Lのジュース3本


  「感想など」

 ・レーンはいつもと同じようなコンディションでしたが、
 「レーンキャッチャーV」がイマイチで、なかなかストライクが
 続きませんでした。「C・(System)2.5」を交互に
 入れ替えながらの投球でまずまずのボウリングができました。

 ・スタッフのSさんはさすがです。レーンコンディションを
 しっかりと把握しての投球で、個人戦でもチーム戦でも完璧なボウリングでした。
 ストライクが途切れてからもスペアを手堅くとっていく我慢の
 ボウリングを見せて頂きました。さすがです。感謝感激です。

 ・ウエポンはというと、ミスが多くて情けないボウリングでした。
 チーム戦でもスペアをとらないとダメな時に3回もミスをして、
 迷惑かけっぱなしでした。本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

 ・集中がキープできない時があったので、これからは
 しっかりとキープできるように練習で意識していきたいと思います。
[PR]
by wmb2yoshiyoshi | 2011-04-14 01:32 | ボウリング

by wmb2yoshiyoshi