ブログトップ

サムレス投法でボウリング(byウエポン)

wmb2yoshi.exblog.jp

CLUB-B1 No.722:日々のボウリングの感想(+α)を書いています。ボール随時受付中です。

レーンアジャスティングは難しい

  6日(土)はAさんとの練習の日でしたが、

 予定変更して、Aさんを連れてプロチャレンジに参加してきました。

 Aさんは見学ということで、雰囲気を見てもらう事に。


  「6日(土)の結果」

 大会名・園田プロチャレンジマッチ
 場所・TTBOWL茨木
 使用ボール・ストライキングモーション、レイザー、ターゲットゾーン
 大会ルール・6Gトータル個人戦
 投球レーン・前半3G→5、6番レーン
         後半3G→3、4番レーン

 1G目・208 2G目・180 3G目・139
 4G目・228 5G目・179 6G目・176

 トータル・1110 アベレージ・185


  「感想など」

 ・参加人数が5人という少ない中で何とか頑張ろうと思いましたが、 
 体調があまりよろしくないようで、うまくコントロールできませんでした。
 体調の悪い時は悪いなりのボウリングができれば良いと気持ちを
 切りかえて最後まで投げきりました。ホッと一安心です。

 ・ゲーム後には、プロから今日のレーンコンディションとか
 Aさんへのアドバイスをたくさんして頂き、勉強になりました。

 ・他の方が良く通す10~15枚目部分のオイルが薄くなっており、
 5~10枚目のあたりにはオイルが入っているので
 A:10~15枚目を使用すると早くから曲がり過ぎる。
 B:5~10枚目を使用するとなかなか曲がらない。
 という難しいレーンになっていたという事でした。

 ・プロは早くからレーンコンディションを把握できたと
 いうことでしたが、ウエポンは何となくしか把握できていませんでした。
 レーンを読むのは本当に難しいと改めて感じました。
[PR]
by wmb2yoshiyoshi | 2009-06-07 19:46 | ボウリング

by wmb2yoshiyoshi